logo
子供が生まれて、写真を本格的始めたいママが集まる写真サークル@デュッセルドルフを始めました。気軽に集まってカメラや写真の話、子育ての話など楽しくやって行きます。 参加は無料です。お気軽にお問合せ下さい!

Follow Me:

Blog
デュッセルドルフ,写真撮影,家族写真,1歳誕生日,ニューボーンフォト,出産撮影,マタニティー撮影,ママのための写真講座,写真講座,カメラママ,ママ習い事,子連れ習い事,
263
page-template,page-template-blog-pinterest-full-width,page-template-blog-pinterest-full-width-php,page,page-id-263,theme-stockholm,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.1,woocommerce-no-js,select-theme-ver-5.1.8,ajax_fade,page_not_loaded,side_area_slide_with_content,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive

Iphoneでもっときれいな写真を撮る

ちょっとした設定やコツであなたの写真も、今よりもっと、きれいな写真が撮れます。

1.写真の構図

きれいな写真を撮るためには、美しい構図は不可欠です。
まずは、美しい構図で撮るためにカメラ設定を変更します。グリットを表示して撮影する事で全体のバランスがひと目でわかり構図を決めやすくなります。

  1. Iphoneの待ち受けから設定をクリック
  2. カメラをクリック
  3. グリッドをオン(バーが緑になるように設定)

基本の構図を知ると、写真がグッとうまくなる。グリッドを表示すして撮影する事によって下記の基本の構図を意識して撮影できます。

  1. 3分割構図
  2. 対角構図
  3. 日の丸構図
  4. S字構図
  5. 額縁構図
  6. 放射構図
  7. 二分割構図
  8. 三角構図

3分割構図

縦三分割にして 、被写体の女の子を右端に配置したことで、余白をうまく使ったバランスのいい写真。

子供を撮影する時の3分割構図例

こちらは、横に三分割して、女の子を下1/3に配置しています。全体がピンクで統一されていて可愛らしい写真。

三角構図


三角構図は、エッフェルタワー、東京タワー、階段、高層ビルなどを撮る時によく見られます。元気良く走り回る子供達の三角構図もダイナミック!

子供を撮影する時の三角構図例


ビーチや山など風景の写真によく使われる二分割構図ですが、女の子を下半分に配置したユニークで魅力的な写真。撮影時は縦位置で撮って回転させて構図を変えただけでも、見え方が変わって素敵な写真になりますね。

二分割構図

子供を撮影する時の二分割構図例

日の丸構図

インスタグラムでよく見かける、日の丸構図。正方形(スクエア)でど真ん中に被写体を意識的に配置する事でインパクトのある構図になります。

子供を撮影する時の日の丸構図例

背中で語るといいますが、日の丸構図は真後ろからの人物撮影

にぴったりです。

子供の表情が見えないのに、メリーゴーランドに乗りたいなぁ~って気持ちが伝わってきますね。

日の丸構図 子供写真
花 日の丸構図 

線を意識してバランスの良い写真をとろう

地面のタイル、建物の窓の線、子供を下からのアングルで撮影。
線を意識する事でとってもバランスのいい写真になります。

光をうまくつかおう

きれいな写真、雰囲気のいい写真を撮るには、光を知る事がとても大切です。自然光をうまく利用して自分の撮りたい写真の雰囲気をつくりましょう。まず自然光とは、屋外であれば太陽の光、屋内では、窓から入る太陽の光と部屋の照明です。

屋外での光

屋外では、その日の天気によって光は変わってきます。
夏の晴れたビーチ:
太陽の日差しがとても強くて、コントラストの強い写真が撮れます。

雲りの日:太陽が雲に覆われた曇りの日は、コントラストは弱く柔らかい写真が撮れます。

屋内での光

部屋の窓から入る光はレースのカーテンで調節してみましょう。
窓から直接、日が差している時間は光量が多く明るい写真になります。光量が多すぎると感じたらレースのカーテンを閉めて撮影してみて下い。逆に光が足りないときは部屋の電気をつけると光量は増えます。

光のあたり方を意識しましょう

真正面からあたった光:顔全体に光が均等にあたってフラットな印象の写真になります。

真横、斜め横からあたった光:顔に明るい部分と暗い部分(コントラストとシャドウ)ができて奥行、特徴がでて雰囲気のある写真がとれます。

後ろからあたった光:一般的には、逆光といわれて、扱いにくい光のように思われていますが、シルエットがくっきり出て美しい写真が撮れます。

シャッターチャンスと思ったら、最低でも3回はシャッターを押しましょう。シャッターを一回だけ押して1枚撮って満足しては、なかなかいい写真は撮れません。子供の写真を撮るといつも目を閉じてしまってるという方は特におすすめです。シャッターチャンスだと思ったら、できるだけ沢山撮ってその中からベストショットを選んで、いらない写真は削除する方法をおすすめします。

海外のおしゃれ カメラ バック・ストラップ

日本国内のブランドもカメラ女子向けにかわいい カメラアクセサリー(mi-naetc…)が、たくさんでていますが、今回は日本未発売のカメラアクセサリーを紹介します。

カメラバック

KELLY MOOREのカメラバック(Fromアメリカ)
このブランドを立ち上げたKELLYは、子供を持つママ、フォトグラファーでカメラバックのバラエティーの少なさにいら立ちを感じ、おしゃれで機能性の高いカメラバックをつくることにしました。職人さんと出会い2年間かけて自分のためにつくったバックだけど、こんなバックを必要としている人が、他にもいるとオンラインで販売したところ、初回生産分は数か月で完売したそうです。その後、新しいデザインも追加されて、世界のおしゃれママ・フォトグラファーに人気のカメラバックです。

KELLY MOOREカメラバック

男女問わず使えるユニッセクスなデザイン。

KELLY MOORE Kate 2.0 カメラバック

カメラストラップ

FOTOのカメラストラップ(Fromアメリカ)
レザーとキャンバス製のかわいいカメラストラップ。

The Designer Fotostrap

名前を入れてくれるパーソナライズ サービスもあります。

パーソナライズ・カメラストラップ

FOTOの商品を購入すると社会貢献もできてしまいます!購入金額の10%がFOTOLANTHROPYというNGOに寄付されます。

FOTO Brand Story from Foto Brands on Vimeo.

Capturing Couture カリフォルニアのハンドメイド・カメラストラップ

こどもを撮る時のシャッタースピード

新生児ー生まれたばかりの赤ちゃんを撮影するのは産んで数日だと、病院、または退院後 自宅になる事がほとんどです。
室内で撮影するので光は少な目です。手持ちでの撮影の場合は、最低でも1/60のシャッタースピードに設定しましょう。それより遅いシャッタースピードにすると手振れが起こる可能性が高くなります。

光が足りないと思ったら?解決法は?

  1. 赤ちゃんを窓際に移動して撮影する。窓際は部屋の真ん中よりも光量が多くなります。窓際+レースのカーテンは綺麗な写真が撮れます!
  2. 昼間でも室内の電気をつけて光量を増やす。
  3. ISOの設定を変更する。
  4. シャッタースピードを1/50,1/40,1/30に下げて撮影する。手ブレが起きないように棚、テーブル、いす などの安定した場所にカメラをおいて撮影。

1歳ー歩き始める時期ですが、動くスピードはまだまだゆっくりです。
1歳くらいの子供の動きを写し止めるには1/250ほどあれば,ほとんどのシチュエーションで問題ありません。

3歳以上ー元気よく走り回れるようになったら、写し止めるには1/500以上に設定しましょう。

ママのセルフケア・楽しむ時間をもつ大切さ

最近、オンライン・ヨガコースを購入しました。
ここ数年、ネガティヴなスパイラルに陥る事が多かったり、持病の橋本病のせいか疲れやすかったり
ヨガを習慣にして心も体も元気になりたいな〜と思いながらも、仕事、子どもとの時間や家事がどうしても優先になってしまっていて、どうにかしたいと思っていた時に、YouTubeで何度か見た事あったヨガの先生がオンラインコースをやっていたので買ってみました。

やり始めたコース:
マスターマインド瞑想&ヨガコース〜最高な自分になる21日間
カナダ・バンクーバでヨガを教えているArisaさんのオンラインコース

オンラインコースって、どこに住んでいても学べるし
忙しいママでも、自分のスケジュールに合わせて受講できるのがとっても便利。

ママになると、自分の事を考える時間なんてほとんどないですよね。
子供がある程度大きくなって、トイレ、着替え、食事など基本的な事が自分でできるようになるまでは
特に忙しい….

そして、自分のなかで持ってる母親像がある。いつも笑顔で怒らない優しいお母さんでいたい。でも実際は、子育て、仕事、家事etc…を必死にこなして、時間に追われてる。休みに旦那さんがいても仕事で疲れて遅くまで寝てたり、こどもの扱いに慣れてないから手伝ってくれても、ちょっとイライラしてしまったり….本当は疲れているのに手伝ってくれてありがとうと言うべきところ、そのやり方ちょっと違うでしょ!とイライラが増大したり。イライラが溜まって気づかぬうちに子供に八つ当たりしてたり…

海外生活4年が経っていろんな壁にぶつかり、やっと最近気付かされました。
自分をもっといたわらないと壊れると….自分の心が満たされてないと、子供にも旦那さんにも優しく慣れない。なんかいつもイライラしてる….

子供がいるし、忙しいし、と自分を後回しにはもうしません。

年に1回は友達と旅行をする
週に3回はヨガをするetc….

5年後、10年後、なりたい自分に少しでも近づけるように。
今からセルフケアの時間を大切にしようと思います。

私も写真を通してママさんを応援したい。
何かできることないかなぁ?と….
ママが子連れで、カメラやスマホカメラを持って気軽に参加できる集まり定期的にやりたいなぁと思います。

最終的には、気の会う仲間が集まって子育てや写真、カメラのこと,ガールズトークetc….を楽しめる集まりにしたい!

[convertkit form=975166]

こども写真・デュッセルドルフ

ボケ効果を使って子供の写真を撮ろう

プライベート写真教室に参加して頂いたご夫婦から頂いた質問↓

背景がボケてる写真っていいの?


絞りの話をしている際に

私・・・「 背景をぼかしたい時はF値を小さくします。 」
奥様・・・ 「背景がボケてる写真っていいの?」

写真を撮っている人なら普通に使う「ボケ」という言葉だけど、初心者の方からしたら確かにそう思うだろなぁ。とってもいい質問だなぁと思いました。

ということで改めて、「ボケ」について復習しつつ、初心者の方にわかりやすくまとめたいと思います。

写真における「ボケ」とは、レンズの焦点(被写界深度)の範囲外に生みだされるボヤけた領域の美しさ、およびそれを意図的に利用する表現手法である。基本的に主たる被写体にはピントが合っていることが前提です。この概念や手法は日本国外でもbokehと呼ばれている。

これとは対照に、画面のすべてにピントの合わせることをパンフォーカスやディープフォーカスという。

技術的には、意図的に被写界深度が浅くなるように設定することでそのような映像を撮ることができます。
ウィキペディアより引用

焦点、被写界深度とか専門用語が出てきましたが…

「ボケ」とは、ピントを合わせた範囲外に生み出される、ぼやけた領域の美しさの事です。

例えばこんな子供の写真です。男の子だけにピントが合って主役が引き立ちます。

こども写真@デュッセルドルフ
後ボケ効果で主役が引き立ちます。
前ボケ効果

後ボケで背景をぼかすのと、前ボケで被写体の前方をぼかすのでは印象が変わってきます。
「ボケ」効果は、人物やお花の撮影などに特に適しています。
こどもの写真を撮るときに是非やってみてください。お使いのレンズによってボケ感は変わってきますが、レンズの絞り(F値)を1.4や2.8小さい数字に設定してお子さんにグッっと近づいて撮影してみてください。

写真の基本1

1写真を効率的に学ぶためのステップ

  1. 写真の基本を学ぶ
  2. カメラの使い方を知る
  3. どんな写真を撮りたいのかを明確に決める
  4. 経験を積む(写真をたくさん撮って復習する)

今回は、まず写真の基本を知るためにまず理解すべきことをお伝えしていきます!

ピント
手振れが起きないようにカメラをしっかり構えて撮影しましょう。また、動きのある被写体を写し止める為に、シャッタースピードを十分考慮しましょう。

露出
露出とは、絞り(F値)と、シャッタースピード、ISOにより意図する写真の明るさに調整する事です。

絞り(F値)

絞り / F値

絞りはレンズ内に入る光の量を調節します。
f/1.4は絞りを開放にし光が最大で入ります。数値がF8など大きくなるにつれて絞りの穴は小さくなりレンズに入る光の量が少なくなります。
F値については、人間の瞳孔の働きをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。暗い部屋では、瞳孔は大きくなり、明るい場所では瞳孔は小さくなります。

絞りを調整することで、ボケ感(被写界深度)を調整することもできます。
f/1.4は絞りを開放するとピントが合範囲が狭くなります。 数値が大きくなるにつれて ピントの合う範囲が広くなります。

シャッタースピード

シャッタースピード

シャッタースピードと被写体
1/4000秒ー羽をはばたかせている野鳥の羽を写し止める
1/500秒ーボクシング(スポーツ)など人の動きを写し止める
1/60秒ー人の日常的な動きを写し止める
1/15秒ー電車などスピード感、躍動感を出すためにぼかしたい時
1″ 秒ー流れている滝に 躍動感 を出したい
30″秒ービルの高層階から夜の高速道路を撮影、躍動感 を出したい

ISO
フィルムを使っていた時代は、フィルムの箱などにISOの記載がありました。

ISO 100

デジタルカメラの場合、ISO感度とはデジタルカメラが光をとらえる能力を表します。暗い室内では、できるだけたくさんの光をレンズに入れる為に、どうしてもシャッタースピードを遅く設定しての撮影になってしまいます。そこでISO感度をあげるとで、シャッタースピードを速くして、手ブレや、被写体のブレを抑えることができます。


カメラの設定と操作
ここでは各設定の詳細は書きませんが、 フォーカスモード、ヒストグラム、ファイルタイプ、カスタム機能、フォーカスポイント、露光、露出設定etc…の設定、操作を覚えることもとても大切です。慣れるまではカメラの説明書も持ち歩き、わからなくなったらすぐ見られるように準備をしましょう。また、写真撮影をする前日に、イメージトレーニングもおすすめです。
例:
明日は、屋内で子供の誕生日会だとしたら、シャッタースピードはどのくらいになるかな?屋内で少しくらい場所もあるからISOの設定も確認しておこうなど。この準備をすると、当日慌てることなく写真撮影ができます。

被写界深度
被写界深度はレンズの絞り(F値)を変える事により調整できます。
F値を小さくするとピントが合うエリアが狭くなります。

F2.0

被写体にぐっと近づいて、F値を小さい数字にすると上の写真のように背景をぼかすことができます。

F9

上の写真の様に全体のピントが合っている事をパンフォーカスと言います。F値をF9などの大きい数値に設定するとこのような写真が撮れます。

レンズ
初心者の方におすすめレンズは

  • 単焦点
  • 50㎜
  • F値が1.4などの明るいレンズ
単焦点50㎜レンズ

これからレンズを買うという方は、是非、上記のような単焦点レンズから使ってみましょう!カメラ店では、よく初心者におすすめはカメラとレンズがセットになったレンズキット!と言って売っていますが、正直おすすめしません。写真を基本からしっかり学びたい方は特に、単焦点の50㎜F1.4またはF1.8をおすすめします。シャッタースピード、絞りなどの関係を理解するにはこのレンズが一番です!

光を理解する
いい写真を撮るには、光を理解する事がとっても大切です。
朝の光
太陽の位置が低いので影が長くのびています。

朝の光

昼の光
太陽が真上にあるこの時間は、コントラストがとても強くなります。

昼頃の光

夕方の光
夕日沈んでいくこの時間はオレンジっぽい温かい色になります。

夕方の光

屋内の光
光量が屋外よりも少ない事が多いので、コントラストが弱くなります。

室内の光

日常ではそこまで気にならない光ですが、はいろいろな光量や質があります。これを理解するとイメージした写真を撮る事ができるようになります。

上記の事を理解できてくるとかなり写真が楽しくなってくると思います。
忙しい日常に、少しでいいので写真時間を撮って沢山練習してください。

子育て中の忙しいパパ、ママに写真を楽しんでもらえるように、できるだけシンプルでわかりやすいように綴っていきたいと思います。

初心者さんおすすめレンズ

一眼レフカメラを始める時に、まずどんなレンズにするかは結構多くの方が持つ悩みだと思います。

私がおすすめする 最初に買うべき レンズは単焦点の50mm f/1.4
です。 (fの数値はメーカーによって多少数値が異なります)

理由1
背景に綺麗なボケ感のある写真が撮れる。

理由2
明るいレンズなので屋内でもフラッシュうを使わづに写真が撮れる。
明るいレンズとは 開放絞り値(F値)が小さい数字のレンズです。

理由3
明るいレンズなので早い動きものペットや子供も撮りやすい。
動きのある被写体を撮るときにはシャッタースピードを1/500秒など大きい数字にする必要があります。大きい数字にすると写真は暗くなるのでその分F値を小さい数字に調節する必要が出てきます。

理由4
50㎜レンズは人間の目で見てる感覚と一番近いので、いろいろ試して学べる点が大きい。

理由5
ズームレンズと比較して壊れにくい。私が学生時代に買った初めての単焦点50㎜レンズは15年以上たった今もバリバリの現役です。

理由6
高品質で比較的リーズナブルなお値段!




雪の中で遊ぶ子供を撮るコツ

昨日、デュッセルドルフでは初雪が降りました。ほとんど積もっていなかったのですが、子供達は大喜びで庭に出て、雪をかき集めて雪合戦をしました。

親にとっては、寒いし、大雪が降れば雪かきもしなくてはと仕事が増えますが、
雪が降ったら、ぜひ外に出て写真を撮ってください!雪の日は、子供のいい表情が沢山撮れます。雪が降ったらカメラを持って外に出よう!


1.白い雪がグレーっぽくなるのを防ぐ
雪がたくさん降って、一面真っ白の際には注意が必要です。白い雪がグレーっぽく暗く写ったりする事があります。カメラは白いものを白と読み取ってくれません。グレーっぽくなってしまうのを避けるには、露出補正をして撮ってみてください。露出補正は下のような+(プラス)-(マイナス)ボタンを押して設定します。白いものを撮るときには白が飛びすぎない程度にプラス+1.0~2.0くらいで設定してみましょう。
カメラによっては、設定に[雪]というのがある場合があるので、設定を再確認してみてください。



2.シャッタースピード
雪合戦などの激しい動きを写し止めるには、シャッタースピードは最低でも1/500秒をキープして撮りましょう。

3.子供と一緒に走り回りながら撮る
雪合戦や雪だるま作りなど、一緒に遊びながら写真を撮ると子供の楽しんでいる表情が撮れます。一緒に遊ぶといっても、完全に一緒に遊んでしまうと写真を撮るのが難しくなる事もあるので、遊びに加わりつつ写真を撮る事に集中してください。近づいて近距離で撮ったり、引いて雪景色の中で遊んでいる景色を撮ったりと。

写真を始めて良かったと思う事

1.クリエイティブな視点を養うことができる
写真を勉強する前と後では身の回りにあるもの全てに対して見方が変わりました。光の当たり方、質感、色、形、時には近くによって見たり、引いてみたり。綺麗な花を見つけたら、この花の美しさをどう撮ったら伝えられるか。人が撮った写真を見たときには、この写真がこんなに魅力的なのはなぜetc….
写真は日常をとっても楽しくしてくます。


2.見知らぬ人に話しかけるきっかけができる
写真を始めたばかりの頃は、デジタルカメラも出始めていたけど、プロの写真家はポジフィルムでも撮っている時代でした。
私も初めて買った一眼レフカメラはフイルムでした。とにかく被写体を探しにカメラを持って出かけたものです。地元に戻った時には母校の前を通りかかり、男子バスケ部が部活中だったので、お願いして撮らせてもらったり、海外に旅に出たときには、話しかけて撮らせてもらっていました。そこで生まれる会話、言葉が通じなくてもその国のローカルの人達とのコミュニケーションがとっても楽しかったし刺激的でした。


3.新しいスキルを開拓する力がつく
写真に限らず言えることですが、とにかく好き、楽しいって気持ちが学ぶ力になると思います。
好き、楽しい!

上達したい!

人の作品をいろいろ見てみる

調べる・トライ&エラーで学ぶ

ワークショップなどで、プロから学ぶ
そして、写真は子供から大人、年齢を重ねても楽しめるものの1つだと思います。


4.子供、家族の大切な思い出を楽しく写真に残せる
子供が生まれたあとは、特に写真が楽しくなります。子供が生まれて最初の数年は特に写真を撮る機会が多い時期だと思います。子供が小さい頃は、親がカメラマンになって撮り、子供が大きくなってきたら子供と一緒に撮ったり。撮った写真を大ききくプリントしてお気に入りのフレームに入れて飾ったり、アルバムを作って子供と見返したり楽しい家族時間になります。